パロディ百人一首」に「別れの朝」を追加しました。藤原道信朝臣の「明けぬれば暮るるものとは知りながら なほ恨めしきあさぼらけかな」のストーリーです。

朝が来て別れを惜しむ女性と、その心を理解しない理系の男性。どうもこの二人の気持ちは噛み合っていないようです。


コメントを残す (Leave a Reply)

メールアドレスが公開されることはありません。