ー パロディ百人一首 ー

シベリアンハスキー:「心あてに折らばや折らむ初霜の 置きまどはせる白菊の花」のストーリー

(29番)心あてに折らばや折らむ初霜の 置きまどはせる白菊の花
 無作為に折ろうというなら折ってみようか。初霜と紛らわしいような白菊の花を。


 「初霜で庭が真っ白になってしまい、どれが白い菊かわからなくなってしまいました。」ということですが、まさか真っ白な雪で覆われないかぎり、京都(?)の冬程度の寒さでは、ここまで大量の霜(ましてや初霜)が降りることはないでしょう。とケチをつけたいという気にもなりますが、初霜を被った白菊の〝きりっとした可憐さ〟を強調したいという意図は十分に伝わってきます。そしてこの白菊を「あてずっぽうに折ってみましょうか」という茶目っ気のあるところもきらいではありません。
 ところで「寒さ」といえば、ここに寒いのが好きなシベリアンハスキーのミツネくんがいます。ある初冬の初霜が降りた朝、ミツネくんの飼い主は、この歌を思いだし、自宅の庭で並べて栽培されている白と黄色の菊の花の前に〝彼〟を連れてきました。
 そして意地の悪い飼い主は、ミツネくんにこういいました。「白いほうを折ってみな」。
 この飼い主は、イヌというものは色を識別できないらしいといわれていますので、その真偽を確かめたかったのでした。

0件のコメント

コメントを残す

Avatar placeholder

メールアドレスが公開されることはありません。