For those people who do not understand Japanese language, an English page is ready where I show the basic concept of this web site and how to enjoy vector graphics images provided in the site. Just click here!

このウェブサイトでは、おもにあかしりょうの作品(イラストレーションなど)について紹介し、一部の画像についてはベクタ形式のPDF版を無償で公開しています。

(*)PDF版が公開されている画像には、

のアイコンが添えられていますので、入手ご希望の方はこのアイコンをクリックしてください。なお公開するファイルは、ユーザ様のご負担にならないようにできるだけコンパクトなサイズのものを選んであります(原則として1Mバイト以下を目安)。

通常、ある特定の絵画やイラストに興味をいだき、それらの画像ファイルや印刷された写真を入手したとしても、それらはあくまでもオリジナル作品とはまったく異種の細かな画面上または用紙上のドット(点)の集まりであり、私たちはそれらのコピーを見かけ上オリジナルの近似的な作品として楽しんでいることになります。

これに対して、ここでPDFファイルで提供された作品は、もとのAdobe Illustratorで作成された作品の内容をその属性も含めて完全に保持しています。ですからこれをダウンロードして入手されたみなさんは、いわば作品のオリジナル版そのものをそのままの形で楽しむことができるわけです。

皆さんよくご存知の「モナリザ」の絵を例にしましょう。以下の2つの画像は、ダビンチの原作と私がこれをパロディでモデルに用いたものです。

モナリザ

「パロディ版」の絵の稚拙さについては隠しようもありませんが、それぞれの絵の口元を拡大してみるとどうなるでしょうか。

モナリザ原作の口元

原作の絵を電子画像(Jpeg形式)にした場合、これが細かな画素で構成されていることがはっきり表れており、オリジナルの筆タッチがどのようであったかはわかりにくくなっています。

モナリザ(パロディ)の口元

これに対してパロディ版のベクタ画像は、細部を拡大しても画質が一切劣化しないので、オリジナルを描いた当時の画力とスキルの “稚拙さ” のようなものをそのまま感じ取ることができます。

(注.この画像自体はウェブ上で表示させるために非ベクタ形式のPNG画像に変換されています。)

なおベクタ画像の特徴の詳細については、このサイト内のこちらのページをご覧ください。

このようにこのサイトは、実際のベクタ画像のイラストを直に体験していただくことに主眼を置き、「作品オリジナルをすべての人に」のキャッチフレーズの下に展開されていきます。したがって、ここではまだPDF版として無償公開されていない作品についても、将来何らかの形でベクタ形式としての公開を検討しています。

各サイトや投稿に対する皆さんのコメント(もちろん、批判的な内容のものも含みます)を大歓迎します。なお、コメント送信の際に入力したメールアドレス(任意)が公開されることはありません。

(ご注意)

コメントは管理者の承認を得てから公開されます。承認には最大1~数日程度かかりますのでご了承ください。なお、以下のような内容の「コメント」は承認されません。

  • 特定の個人・団体に対する誹謗中傷や差別的表現を含むもの
  • 公序良俗に著しく反するもの
  • 他者のプライバシーを侵害するもの
  • このサイトの運営自体を妨害する目的で送られらたスパム等
  • このサイトや投稿の内容にまったく無関係な自身のPRや宣伝などに終始しているもの

その他、このサイト全般に関するご意見、ご質問あるいは作者への問い合わせ事項をお持ちの場合は、こちらへお願いします。

ブログ

最新のブログ一覧10項目