ー パロディ百人一首 ー

バレちゃったみたい:「忍ぶれど色に出でにけりわが恋は ものや思ふと人の問ふまで」のストーリー

(40番)しのぶれど色に出でにけりわが恋は ものや思ふと人の問ふまで
 こらえていても私の恋心は顔に出てしまった。恋しているのではと人が尋ねるほどに。


 おかしいなぁ、オレがクラスメートのあの子が好きだということは、今まで誰にも言わずに隠してきたんだが、妹のやつ、「お兄ちゃん、だれか好きな人がいるんでしょう」などとからかうようになった。
 そういえば、最近こうしてやたらに鏡を見て、めかしこむようになったんで感づかれたのかな。ませたやつだ。油断ならない! もう算数の宿題なんか、教えてやらないからな。おっと、そういうオレも、この前の数学のテストで落第点とりそうになったんだっけ(笑い)。
 まあ、いい。少しくらいませてるだけなら、まだかわいげがある。だが、このごろでは、「どうせそのうちフラれちゃうね」なんて、ひどいことも平気でいうようになってきた。なんて冷たいやつだ!
 そうして今なんか、自分がこの鏡に映っているのも気にせず、堂々とオレのことをのぞき見て笑っているようだ。
 バカにするな!オレだってその気になれば、ひょっとしたら、ジャニーズのようなところから声がかかるかもしれないんだ。フラれたりなんかするもんか。今に見てろよ。

0件のコメント

コメントを残す

Avatar placeholder

メールアドレスが公開されることはありません。