ー パロディ百人一首 ー

バレちゃったみたい:「恋すてふわが名はまだき立ちにけり 人知れずこそ思ひそめしか」のストーリー

(41番)恋すてふわが名はまだき立ちにけり 人知れずこそ思ひそめしか
 恋をしているという自分の評判が早くも立ってしまった。人に知れずに恋しはじめたばかりであるのに。

 この歌は、前の「しのぶれど色に出でにけりわが恋は ものや思ふと人の問ふまで」が詠まれた同じ歌会にて、その作者の平兼盛と「忍ぶ恋」のテーマで競って作られたものであるそうです。ですから、「恋していることがバレちゃったみたい」という、同じようなニュアンスの歌になっています。
 だれかに恋してしまったら、どうしてもそのことが態度や振る舞いに表れ、すぐうわさになってしまいがちです。いわく、「隠すより現る」です。
 さて、ここにいるドラネコのドラくんは、大変な奥手であり、「恋の道」についてはまったくのうぶです。彼は最近、同級生のメスネコ、メアリーに恋するようになりましたが、彼女の前ではまるで〝借りてきたネコ〟のようにおとなしく、何も言えなくなってしまいます。その上、彼はとても恥ずかしがり屋なので、今や「メアリー」の名前を口にしただけで顔が真っ赤になります。こんな様子なので、まわりの意地の悪いネコたちもすっかりこの「密かな」恋心に感づいてしまいました。
 彼らはある日、彼にメアリーの写真を渡しました。そしてその写真には、「壁に耳あり、障子に」と書いてありました。これを見た彼が赤面したことはいうまでもありません。

コメントを残す (Leave a Reply)

メールアドレスが公開されることはありません。