ー パロディ百人一首 ー

やんわりと拒絶:「音に聞く高師の浜のあだ波は かけじや袖のぬれもこそすれ」のストーリー

(72番)音に聞く高師の浜のあだ波は かけじや袖のぬれもこそすれ
 うわさに高い高師の浜のむなしく寄せ返す波をかけないようにしよう。袖が濡れてはいけないから。


 ある歌会で噂に高いプレーボーイに言い寄られた女性(作者)がやんわりとしかもスマートに拒絶して詠んだ歌だそうです。ここで、「袖が濡れる」というのは、恋の想いで袖を濡らすほど泣くということを意味する、この時代の大げさな表現です。この歌が詠まれたときのいきさつでは、二十代の男性貴族がなんと七十代の詠み人の女性に言い寄ったそうですが、ここまで来るとほとんど冗談を通り越してセクハラのような気がします。
 そこでこの絵では、あるパーティの場でアラフォーの女性が冗談半分に言い寄られた際に、やんわりとこれをはねつけたというシチュエーションに変えました。
 両手の人差し指を目の前で静かに交差させ、ソフトな微笑みを浮かべながらも、内面では毅然とした意思を示して、このようにいいます。「やめておきましょう。あなたの言葉を真に受けて、あとで泣きをみたくありませんから」。
 このような大人の態度を示されたら、私ならこの人をさら尊敬して、いっそう惹かれるようになると思います(笑い)が、いかがでしょうか。

(注)

このストーリーで作成したイラストは、このサイトの「はじめに:ベクタ画像とは?」(日本語)および「What is Vector Graphics?」(英語)で用いられているサンプル女性画像のもととなりました。

0件のコメント

コメントを残す

Avatar placeholder

メールアドレスが公開されることはありません。