ー パロディ百人一首 ー

不倫の密会(男性): 「わびぬれば今はたおなじ難波なる みをつくしても逢はむとぞ思ふ」 ストーリー

(20番)わびぬれば今はた同じ難波なる みをつくしても逢はむとぞ思ふ
 思い悩んで今また同じ難波にある澪標ではないが、身を尽くしてでもあなたに逢おうと思っている。


 (「不倫の密会・その一」の続き)
 A子さんの切実な感情の吐露に対して、B氏は応えます。
 B氏「A子さん、そのネックレス、とってもよく似合っているよ。でも『死にたい』なんて、何をバカなことをいっているんだ。ボクもこうしてキミと逢っている時間がいちばん幸せなんだ。
 でもね、実はこうやってキミとあまりにしょっちゅう逢っているうちに、女房に怪しまれ、ついにこの前、キミとの密会の場を探偵に隠し撮りされてしまったんだ。知ってのとおり、女房の父親はうちの会社の社長だろ、ハハハ(もう身の破滅だ)。
 女房に浮気の証拠写真をつきつけられたときはどうしたらいいか、正直うろたえたけれど、もうこうなったら開き直ることにしたよ。落ちるところまで落ちてやる。キミが命がけでこの恋にかけるつもりなら、ボクも自分の身を尽くしても、これからもキミに逢い続けていくつもりだ。いうなれば、ボクらは運命共同体ってわけだ。ハハハ。さあ乾杯しよう!」
 A子「・・・・・・・」

0件のコメント

コメントを残す

Avatar placeholder

メールアドレスが公開されることはありません。