パロディ百人一首」に「魚が釣れずに待ちぼうけ」を追加しました。鎌倉右大臣の「世の中は常にもがもな渚漕ぐ 海人の小舟の綱手かなしも」のストーリーです。

魚がいっこうに釣れずに居眠りを始めた釣り人が、「のどかさ」の象徴として登場します。


コメントを残す (Leave a Reply)

メールアドレスが公開されることはありません。