「パロディ百人一首」に「お戯れを」を追加しました。周防内侍の「春の夜の夢ばかりなる手枕に かひなく立たむ名こそ惜しけれ」のストーリーです。

性的なジョークは、いつの世でもセクハラになるというお話です。


コメントを残す (Leave a Reply)

メールアドレスが公開されることはありません。