パロディ百人一首」に「身を焦がして待ちぼうけ」を追加しました。権中納言定家の「来ぬ人をまつほの浦の夕なぎに 焼くや藻塩の身もこがれつつ」のストーリーです。

人もネコも、「恋人」を待つ気持ちは同じなのでしょうか。


コメントを残す (Leave a Reply)

メールアドレスが公開されることはありません。