パロディ百人一首」に「夏の月夜」を追加しました。清原深養父の「夏の夜はまだ宵ながら明けぬるを 雲のいずこに月宿るらむ」のストーリーです。

太陽と月との関わりについて、強引ともいえる独断論が展開されます。


コメントを残す (Leave a Reply)

メールアドレスが公開されることはありません。